« 右ハンドルのランボルギーニ・ミウラは存在するのか? | Main | 1/12サイズカーのディスプレイ用ケース考 »

2009.09.11

「イオタ白書」


イオタ白書 復刻版


イオタと聞いてもピンと来ない人は、はなからお呼びではありません。

あのスーパーカーブームの洗礼を受けた御仁なら、記憶の隅に残っているかも、、、。いやいや隅どころか60年代生まれのランボルギーニ・ミウラの派生モデルであるイオタを、かれこれ40年経とうかという今日でも追求している人たちがいるのです。

エキゾチックカー系雑誌"ロッソ"誌上に掲載されてきた、イオタの真相に迫る不定期連載記事を一冊にまとめたものですが、、、、いや、すばらしいっ!

内容はというと、、、、いきなり前言を翻すようですが唯一の本物リアル・イオタ、つまりイオタ初号機はミウラの高性能版派生モデルではありません。そのリアル・イオタの希少な瑞々しいカラー写真とその衝撃の末路が、これもカラー写真で詳らかにされています。それを初めとして現存するファクトリーメイドのイオタの数々。子供の頃信じていたあの個体は? 一読、熟読すれば判ります。

20世紀少年たちなら、これは買うしかないでしょう。

« 右ハンドルのランボルギーニ・ミウラは存在するのか? | Main | 1/12サイズカーのディスプレイ用ケース考 »